どちらかというとMですけど教えてください

どちらかというとMの人が書いてます。まだ知らない事沢山あるので、コメントなどで教えてもらえると嬉しいです

MacBook Airのバッテリーをセルフ交換した

f:id:dochi-m:20191104173718j:plain

愛用していたMacBookAirが、半年前くらいから充電が以前よりも早く切れてしまったり、なんとなく動作スピードが遅くなっているような気がしていました。

調べるとどうやらバッテリーが古くなっているので、交換したらちゃんと充電もできるしさらに動作も早くなるかもしれないとのこと。

というわけで、MacBookAirのバッテリーのセルフ交換にチャレンジしてみました。

 

現在使っているMacBookAirについて

いつ購入したのか調べてみたら、どうやら2011年だったようです。自分の中ではもうちょっと最近だったような気がしていましたが、立派な8年選手でした。

偉いねー、頑張ってるねー。

購入当初は重い作業もしていたのですが、冒頭にも書いたようにバッテリーの調子が悪かったり挙動が遅かったりはしていたものの、現在はもっぱらネットをするくらいなのでそれでも問題ないといえば問題ありませんでした。

 

なんとなく新しく最新機種はいくらくらいするんだろう?と思ってAppleストアをみたらやっぱり高い…今使っているMacBookAirの下取り金額も調べてみたら8000円くらいでした。

8,000円だなんて、新しいmacの金額に比べたらほとんど買い替えの足しになりません。

というわけで、いまのmacを使い続けようと決心しました。

 

バッテリーの充電回数に上限あったらしい

知らなかったー!けど、そうだよねー。上限あるよねー。(当たり前)

このページ見るとMacBookAirは1000回が上限らしいです。

他にも上限回数がかいてあるので、macユーザーは一度確認してみた方がいいかもです。

support.apple.com

上限がわかったところで、自分は何回充電しているのか確認が必要です。

下記の手順で調べられます。

  1. 「option」キーを押しながら Apple () メニューをクリックします。「システム情報」を選択します。
  2. システム情報ウインドウの「ハードウェア」セクションで、「電源」を選択します。「バッテリー情報」セクションに現在の充放電回数が表示されています。

 

わたしのmacは充電回数400近くでした。キャプチャ撮ろうと思った瞬間に電源が落ちてしまいそのままバッテリー交換したので、下の画像はバッテリー交換後の画面です。

 

f:id:dochi-m:20191104174231j:plain

 

緑色の部分が充電回数で、赤い部分が「正常」になっています。

交換前の赤い部分は「バッテリーの交換修理」と表示されていました。

バッテリーの充電上限が1000なのに、わたしのmacは約400回で「バッテリーの交換修理」と表示されてしまっていました。

使い方が悪かったのでしょうか?それとも8年も経っているからでしょうか。

そんなことより、早くバッテリー換えなきゃです。

 

Macのバッテリーは自分でも交換できる

いまのMacを使うことを決心したうえに、バッテリーの交換修理が必要ということが判明してしまったので、まずはAppleに修理を出すことを検討しました。

わたし…Apple care未加入ですし、8年選手ですし100%自腹です。

そこで気になるのがお値段。調べてみると2万円前後かかるらしい

たっけぇ…

けど調べてみたら自分でもバッテリー交換できるらしいじゃないですか!

というわけで、現在使用しているmacの型番を確認してAmazonでバッテリーを検索!

すると2種類あったのですが、6,799円のものに決定。もうちょっと安いものもあったんですけど、高い方が安心じゃないですか。

もっと詳しい人が検索したら安くて高性能のものもあったのかもしれませんが、
型番と画面サイズ(今回は13インチ)で引っかかってきたものだけで選びました。

 

 

金曜の夜のテンションで、ほぼ迷わずポチッとなしてしまいましたが、大丈夫かなという不安でいっぱいでした。 

けど、買ってしまったものは仕方がないですし、なにごとも経験だ。そうだそうだ!と自分に言い聞かせました。

 

さっそくバッテリーが届きました

バッテリーが届きましてね、ドキドキしてきました。あー、これ引き返せないやつだーと。手も洗って、机もきれいに片付けて。

こんな箱でした。

f:id:dochi-m:20191104173652j:plain

 

慎重に開けると、なんかsixpadみたいな感じのものが。

f:id:dochi-m:20191104173658j:plain

 

未経験者がMacBookAirのバッテリーを交換するよ

箱も開けちゃったので、いよいよ引き返せません。

そしてなんと!説明書入ってないじゃないですか!!!!

仕方ないので、金曜に調べたサイトに書いてあった手順を記憶から引き出して遂行するのみ(自分の記憶力に頼るという豪快さ)結構簡単そうだったので、多分大丈夫。

 

まず、バッテリーの他に付属品として赤いドライバーが2本入っています。

なんとなく先の部分の形というかサイズが異なっているようです。(説明書がないので、どういう使い分け方なのか不明)

そして、赤い丸で囲った部分がmac本体との接続部分です。

 

f:id:dochi-m:20191104173701j:plain

開けたことのないパンドラの箱を開けるよ

さて、Macを開けましょう!Macを裏返しにすると10箇所ネジでとめてあります。

ドライバーの片方がネジに合致したので、合わない場合はもう一本を試してください。

赤い部分の8箇所は短くて、青い部分の2箇所は長いネジになっていました。

f:id:dochi-m:20191104173706j:plain

 

ネジの長さくらいしか差がわかりませんでしたが、もし他にも違っていたりするとこまるので、念のため下の画像のように元の位置がわかるように並べて置きます。

f:id:dochi-m:20191104173711j:plain

 

Mac本体とバッテリーを外す

バッテリーも蓋同様にネジでとめてありました。こちらのネジは先ほどのドライバーは使えなかったので、もう一本のドライバーで外しました。

このためのドライバー2本だったようです。

そして、先ほどのバッテリーの左上にあったぴょこんと出ている部分が、本体との接続部分なので、蓋を開けたらその部分をひっぱって外します。下の赤い部分です。

はずすとこんな感じ。

f:id:dochi-m:20191104173736j:plain


バッテリーを外すとこんな感じで、ガラーンとしています。

だがしかし、問題を見つけてしまいました。

f:id:dochi-m:20191104173714j:plain

 

問題というのはコレ。埃です。汚い!

よくわからないけど、きっと掃除はした方がいいに違いない。だがしかし、触って問題ないのかわからない。けど掃除はしたい。

ということで、綿棒でそーーっとホコリを掃除しました。

 

f:id:dochi-m:20191104185047j:plain

 

あと、蓋の部分にもホコリが満遍なく付いていました。
こっちは豪快にティッシュで拭き掃除。

f:id:dochi-m:20191104173726j:plain

 

新しいバッテリーを装着

掃除をしたら、先ほどのこの赤い部分に

f:id:dochi-m:20191104173736j:plain

 

この部分を接続します!

f:id:dochi-m:20191104173701j:plain

 

装着するとこんな感じ。奥にあるのは古いバッテリーです。

f:id:dochi-m:20191104173718j:plain

本体と接続したら、ネジでとめます。そして同じように本体のカバーもネジでとめて出来上がりです!

全くの初心者でしたが、ここまで10分もかかりませんでした。

 

Macを起動してみた

起動させようとしたら、まったく動かない!反応がないので焦りましたが、とりあえず充電ケーブルに繋いでみることに。

そうすると充電はできている様子で、5分くらい経ってから再度電源を入れてみると起動しました!やったね!

バッテリー残量をみてみると4%くらいだったので、バッテリーは充電されずに出荷されているようです。(あせったー)

そして、念のためバッテリー情報を確認。

f:id:dochi-m:20191104174231j:plain

 

充電回数もきちんとリセットされて1回となっており、状態も正常とのこと。

初めてやったけど、バッテリー選びも交換作業も問題なく終わり嬉しかったです。

しかもセルフ交換なので、わずか6,799円でバッテリーが交換できてしまいました!

肝心な動作はというと、交換前よりもスムーズ!そして充電も以前より短時間で完了しました。

最近のPCは高性能かつ長く使えるものが多く出ているので、昔よりも長い年数使うことが多そうです。なんとなく遅いなとか思った場合はバッテリーの回数と上限回数をしらべて、交換をしてみるのがオススメですよ。

 

© 2019 どちらかというとMですけど教えてください All rights reserved.
→プライバシーポリシー     →お問合せ